ひとり桜祭りを楽しむ


昭和の昔は、花の咲いた桜の木を折って部屋に飾って、、
桜の木は、折った所から枯れて行きます。
「桜を折らないで下さい」の看板が至るところに有りました。

アートの桜

今の桜祭りは、華やかな桜のディスプレィを飾る商店も多いようです。

LEDのキャンドルで桜祭り。

枯れない花はプリザーブドフラワー

麻地に描かれた、綺麗な満開の桜の絵柄のタペストリー(掛軸)
季節が織りなす色鮮やかな花景色。
春の季節に合わせて華やかな雰囲気になります。

懐かしい鉄道模型 や 昭和の風景 のジオラマが団塊世代に人気となっています。
「駄菓子屋の風景」 「枯れ木に花を咲かせましょう」 「白黒テレビの団欒」

自分でジオラマを作る紙創りシリーズにさくらの盆栽が有ります。
紙を使って植物のミニチュアを創って楽しめるキットです。
紙の素材はレーザーにより精密に切り抜かれており、出来あがりは非常に小さく緻密です。