最も愛されている桜で「ひとり桜まつりを桜盆栽で楽しむ」から始めてみませんか?

花の命は短くて

三日見ぬ間の桜かな

桜の花は、開花してから散るまでが早い
三日で終わってしまうのは言い過ぎとして土、日曜日しか桜を見れないサラリーマンにとってはワンチャンス
その日が雨だったり、風が強かったりしたら桜の下での宴会は来年にお預けです

桜を長く楽しみたい!という声を反映してか、いろいろな桜商品も開発されています

おうちで桜の花見なら、一才桜が誰でも楽しめる手軽さが受けてお勧めです。

ギフト用も、苗木でも、盆栽でも、早春の時期最も出回る桜です。桜のシーズン直前しか売っていません。

桜の盆栽をたくさん扱っている通販をセレクトしました。
きっとお気に入りの通販が見つかります。

>> 盆栽の通販  (盆栽以外の桜も売っています)のページで

 桜の手入れは出来ない!なら、桜のプリザーブドフラワーや光触媒の桜のインテリアグリーンも有ります

 室内のどこにも置けて手間も掛からない花は季節の置物や贈り物にも適しています   サクラのタペストリーから紙の手作り桜盆栽など、いろいろな桜が有ります

    >> 枯れない桜  のページで 

花は散るからいとおしいとも言えます。

>> いろいろな桜 のページでは、桜の花束も紹介しています

 花吹雪に埋もれてみたい!という人には、庭木の桜も有ります

あっという間に大きくなって、見ごたえの有る花をたくさん付けます
数年は「我が家の庭の桜を見に来て」と自慢できます

桜の苗木にもさまざま有ります
>> いろいろな桜の桜の苗木 のページでは、庭むきの桜の苗木も紹介しています

 桜は成長が早い、手が届かないほど大きくなるのはアッという間です。

庭をもっとコンパクトに自由に実現できたなら
最近の住宅事情も反映してか自然を表現した彩花盆栽が人気となっています
従来からの盆栽に加えて最近は手軽でモダンな創作盆栽も増えています。

盆栽や現代風の盆栽については  >> いろいろな盆栽 のページで

盆栽ことはじめは、花物の盆栽を観葉植物と同じように楽しむ
最も愛されている桜で「2018年は、ひとり桜まつりを桜盆栽で楽しむ」から始めてみませんか?
2018年もランクインの桜盆栽

桜盆栽を選ぶ

すでに盆栽を知っているなら、苗木を購入して自分で盆栽に仕立てるのが良いでしょう。
季節になると盆栽用の小さな桜の苗木が売り出されます。
>> さくら盆栽苗木の販売店 のページで

初めてなら少しだけ値が高くなりますが、既に盆栽として仕立てられている桜が良さそうです。 
花が蕾の時に出荷するのが一般的な為、1月から3月くらいでしょうか。

桜の時期を逃した人や、桜じゃない花がいいという人には、

盆栽は桜だけじゃ有りません(他の方が多い) 花によって季節の時期が違います

>> いろいろな花物盆栽  では、桜以外にもどんな花が盆栽になっているか紹介します。

最も扱いやすい桜(値段も花も)は、一才桜でしょう。

一才桜(旭山桜)は、育てやすく桜の中でも豪華で花をよく咲かせます。
花期も長くやや遅咲きで4月頃に美しい八重の花を楽しむことができます。

>> おうちで花見の八重桜盆栽  では、
一才桜を含めた家庭用八重桜盆栽を扱っています。

他にも盆栽向きの桜の種類は多数有ります。
>> いろいろな桜 では 各種盆栽向きの桜も紹介しています

桜盆栽の手入れ



盆栽 松 梅 初心者入門セット「お手軽 安心 信頼」初めての盆栽 『健康祈願 黒松と長寿梅』道具「こだわり豪華10点セット」

盆栽は床の間に置いて鑑賞するというイメージが有るようです。
桜盆栽を購入したら、花が咲くまでそのまま部屋の中に置いている人もいるようです。

盆栽は、外が基本。
桜は特に水と日光が好きな花木です。
ずっと外の陽だまりに置いておくと立派な花が咲くでしょう。

花見の日だけ、来客の日だけ、室内に取り込んで鑑賞するのが良いようです。

観葉植物として桜盆栽を買った人は、十分花見ができ満足できたと思います。

しかし桜盆栽は、花が散った後から始まるといっても良いと思います。
盆栽としての樹形を保ちながら、四季折々の桜を楽しむ事ができます。

手入れの方法を園芸書を参考にする人がいますが、盆栽ではやり方が異なります。
大きく育てる園芸と大きくしてはいけない盆栽との違いです。

盆栽に少しでも興味を持ったなら、自分で盆栽を作る事にチャレンジすると楽しいです。

桜の観葉植物から盆栽へのステップアップ
>> 盆栽の常識 では、盆栽の簡単な知識を紹介しています

盆栽の楽しみ

盆栽って以外と大変と思ったのではないでしょうか。
苔盆栽などの現代風の盆栽なら観葉植物とあまり変わらないと思った人もいるでしょう。

居間に花を飾って枯れればそれでお終いなら、生け花の方が効果的と思うでしょう。
部屋の中で植物を育てるのなら、観葉植物やハイドロカルチャーだって有ります。
庭の家庭菜園なら、育てて収穫する楽しみもあります。

盆栽には、生け花のように構成してゆくアートの喜びは有ります。
盆栽にも、観葉植物などのように生き物と共生してゆく喜びは有ります。
盆栽には、家庭菜園のように育てて食べる喜びはありません。

盆栽は、多分世話をしなければ枯れてしまいます。
盆栽には、自分のイメージに合うように作り変えてゆく楽しみが有ります。
 何年も一緒に暮らすペットとの生活のような楽しみも有ります。
盆栽は、失敗を糧にして身につけてゆく楽しみもあります。

すぐ出来る盆栽も何十年もかけてゆく盆栽も有ります。
まずは気軽に、手軽な盆栽から始めてみませんか?

来年は苗木を購入して自分で仕立てた桜盆栽にたくさん花が咲きますように。

盆栽の技術は、どんな盆栽にも共通点が多く基礎を習っておくと応用が効きます。

いろいろな盆栽園で盆栽教室を開催しています
カルチャセンターでの教室やテレビなどで放送されることも有ります
いくつか通信講座もあります

>> 盆栽教室 では 技術を深める為の盆栽教室をいくつか紹介します。